ホーム>リアル猫人形

リアル猫人形

羊毛ねこ人形について About real cat doll

メインクーンのラビ

羊毛フェルトの猫に出会った時の感動は今でも忘れることが出来ません。

その瞬間、本物そっくりの猫人形を自分でも作りたいと強く思いました。
 
というのも、当時2匹飼っていましたが「一代目チャチャさん」を亡くして以来、心に穴が空いたようでした。

さらに二代目チャチャさんも亡くし、愛する「メンちゃん」の姿を、元気なうちに残しておきたいと思ったことがきっかけでした。

 数年して、その「メンちゃん」も亡くなりましたが、その姿を傍らに残せたことが何より寂しさを和らげてくれることになりました。

一針一針、綿から猫の原型を作り、その上に羊毛を刺してはっていく作業はとても時間がかかります。

でも、作っている時の楽しさ、そして出来上がっていくワクワク感、愛おしい猫の姿になっていく喜びはたまりません。
等身大に作ると本物の猫のようで、自分でも驚かされます。

 

2016年4月号の「ねこのきもち」でオーダー作家として紹介していただいた時より作家活動を始めました。

2018年、ロンドンの作品展示をはじめタイ「チェンマイ・日本友好美術展」出展

さらにbun-ten誌上におけるウフィッツイ美術館250周年記念展「日本の美」において「バッカス賞」(トスカーナ芸術鑑定機構)

イタリアルネサンス美術の権威、ピエール・ジャコモ・ペトリオーリ博士とダニエーレ・サッソン博士より「日伊芸術貢献特使」(トスカーナ芸術鑑定機構)をただきました。

チェンマイの展示においては、タイの王族ソムラップ殿下の熱い要請で「このような羊毛で出来た写実的な猫を魅力的に表現している作品を初めて見た」と驚きのお言葉をいただき、特別枠の出展の運びとなりました。

現在は羊毛ねこ人形作家として展示会、オーダーの受注、自宅教室の開催及びヴォーグ学園横浜校「熊木早苗の羊毛猫人形教室」、よみうりカルチャー川口校「フェルトで作る猫人形」の講師をしながら活動をしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

メンちゃん ちゃちゃ 羊毛フェルト 熊木早苗 猫人形
メンちゃん メンメン 熊木早苗 羊毛フェルト うちのこそっくり

       めんちゃんとちゃちゃさん              白黒はちわれ・めんちゃん

めんちゃんからはちわれ猫が大好きになり、はちわれ猫を「メン柄」とうちでは呼んでいます。(笑) 

※左上:メインクーンのラビ(オス)唯一熊木家で飼われた歴代の猫の中で男の子だったのがラビです。

 

メインクーンのマーキス

When I met a wool felt cat, I can not forget the impression.

I strongly felt that I wanted to make a cat doll similar to the real one.

 

Because the cat, 'Cha Cha', who was keeping two animals, passed away and was saddened by sorrow.

So, I wanted to leave behind the other Menmen left behind in my present life.

 

A few years later, that "Menmen" also died, but leaving that figure aside me became to relieve loneliness more than anything else.

 

 

One needle and one hand, making a prototype of a cat from cotton, and sticking wool on it is very time-consuming.

 

But, the pleasure of making, the exciting completion, the joy of becoming the figure of a lovely cat does not accumulate.

It looks like a real cat when making life-size, even surprisingly myself.

 

Currently I am involved in activities with wool writers and activities while receiving orders.

 

Thank you very much.

左上画像「メインクーンのマーキス」創作で作った作品でリアルな猫は存在しません。

 

ご注文の流れ
作品ギャラリー
トップページに戻る

制作者紹介

羊毛フェルト猫作家・熊木早苗

熊木早苗

現在ノルウェージャンのミユと一緒にくらしてます。

今まで30数年にわたり6匹の歴代の猫たちは虹の橋を渡ってしまいましたが、かけがえのない子たちでした。

特に1代目チャチャさんを亡くした時は、心に穴が開いたようでした。

そんな思いを抱えたまま、数年後新しく迎えたメンちゃんと2代目チャチャさん。

この2匹にどんなに癒され、猫たちと暮らすことがどんなに楽しいか。

それとともに、長生きをして欲しいと思う毎日でした。

そんなある日、猫イベントで羊毛フェルトで出来た猫に出会いました。

その時、私の愛する猫をこの手で作りたい!と思いました。

そして数年後羊毛フェルトで猫を作ることを学びました。

現在は作家として展示会などに参加しながらオリジナル作品、オーダー作品、講師を行っております。

イベント情報などお知らせしますのでFacebook、Instaguramで是非ご登録お願いいたします。

 


リアル猫人形の情報をSNSで発信しています

facebook
instagram

女性羊毛フエルト作家団体 「東京羊毛猫本社」「はちわれ支店」で活動してます!!

東京羊毛猫本社

熊木早苗プロフィール

2016年1月「ねこ人形教室」主催
      4月「ねこのきもち」でオーダー作家として紹介。
          5月「東京羊毛猫本社」女性作家グループ結成。はちわれ支店ミメットで作家活動
        10月「猫本社はじめました展」吉祥寺錆猫ギャラリー
2017年4月「月下の夜会」京橋メゾンドネコ
          4月minne「ハンドメイドマーケット」ビッグサイト出展
          8月マガジンランド「贈る展 華やか」出展
          8月NEKOISM出展
          9月「それぞれの作品展」原宿積雲画廊
        10月「猫本社2017展」吉祥寺錆猫ギャラリー
        10月「吉祥寺ユニクロ」ショーウィンドウに1ヵ月展示
        11月「ハンドメイドメカーズ」横浜パシフィコ
        12月「Winter cats」京橋メゾンドネコ
2018年4月ヴォーグ横浜校「熊木早苗の羊毛猫人形講座」
          5月「Discover The One Japanese Art in London」イギリス・ロンドン出展
          6月「チェンマイ・日本友好美術展」出展 「ナ・シラパ(芸術の顔)賞」を受賞
          7月イタリアルネサンス美術研究権威ピエールジャコモ・ペトリオーリ博士より
          bun-ten 誌上におけるウフィッツイ美術館展「バッカス賞」を受賞(トスカーナ芸術鑑定機構認定)

     8月イタリア美術界の権威ダニエーレ・サッソン博士、ピエールジャコモ・ペトリオーリ博士より
         「日伊芸術貢献特使」(トスカーナ芸術鑑定機構認定)
         9月「にっぽん招き猫100人展」出展
       10月「猫本社2018展」吉祥寺錆猫ギャラリー
       10月「吉祥寺ユニクロ」ショーウィンドウに1ヵ月展示及び吉祥寺猫まつりに参加

タイ・チェンマイ出展はタイのラーマ国王の執務官であるソムラップ殿下より「このように写実的で魅力ある作品を見るのは初めてです」とお褒めの言葉をいただきました。
そして、是非タイへ出展して欲しいと要望がありタイへ渡航いたしました。
また、イタリアでは盛期ルネサンス美術を研究するペトリオーリ博士よりロシアンブルーの「ローザ」を高く評価して頂き、イタリアで権威ある「トスカーナ芸術鑑定機構」より「バッカス賞」を受賞しました。

イタリアの芸術鑑定機構より初の日本人羊毛作家として美術的価値のある作品と認めていただきました。

タイ王族、イタリア美術研究の博士がアートとして高く評価する作家として活動中。

 

2018年7月:ベルギー在住のコンサルタント外山よしき様より「キャンプファイヤー」にてクラウドファンディングのプロディースをしていただき、無名の私でありましたがタイ出展の資金を集めることができたこと感謝申し上げます。

LINE⇒@sotoyama