ホーム>羊毛猫人形日記>『東京羊毛猫本社はじめました』展開催中
羊毛猫人形日記

『東京羊毛猫本社はじめました』展開催中

10月5日(水)より始まりました、『東京羊毛猫本社はじめました』展

今年5月に作家グル―プとして立ち上げ準備した、初の記念すべき展示会という事で、「はじめました」と銘打ちました。

オープンはまだかとお待ちいただいたお客様もいましたが、昨日無事始まりました。

お陰様で多くの方々にご覧いただき、7人の作家共々慌ただしくも楽しい一日を過ごしてます。

会場の狭さもあり混雑してますが、引き続き10月10日(月)迄開催していますので、どうぞ遊びに来てください。

実力派の7人の作品を一堂に見ることが出来る作品展となってます。

 

錆猫ギャラリー 東京羊毛猫本社 ミメット 熊木早苗手前左より(敬称略) 各支店名にちなんだ猫達です。

これからドンドンと前へ歩いていくイメージで作りました。

白猫支店・乃澤きょうこ 黒猫支店・彷徨羽猫(さまようねこ) 三毛猫支店・濱屋呼猫(はまやこまち) キジトラ支店・ちゃちゃきなな 茶トラ支店・にゃま恭子 はちわれ支店・ミメット(熊木) サバとら支店・ルーファス

錆猫ギャラリー 東京羊毛猫本社 ミメット 乃澤きょうこ 彷徨羽猫 ルーファス 濱屋呼猫 にゃま恭子 ちゃちゃきなな

 

錆猫ギャラリー 東京羊毛猫本社 ミメット 熊木早苗 黒猫執事 スチームパンク風

左:黒猫執事のセバスです(ミメットこと熊木作) 右:スチームパンク風ドレス猫(乃澤きょうこ作)

錆猫ギャラリー 東京羊毛猫本社 ミメット 熊木早苗

左端から:ノルウェージャンのミユ(ミメットこと熊木作)

三毛猫(濱屋呼猫作)

左から3番目、4番目、5番目(彷徨羽猫作)

右:アメショ(ちゃちゃきなな作)

錆猫ギャラリー 東京羊毛猫本社 ミメット 熊木早苗

左端:茶とら(ちゃちゃきなな作) 白猫(にゃま恭子作)  

白黒猫(ちゃちゃきなな作) シャムネコ(にゃま恭子作)  

右端(にゃま恭子作)

 

錆猫ギャラリー 東京羊毛猫本社 花魁 傘持ち 濱屋呼猫 乃澤

左:猫の花魁(濱屋呼猫作) 右:傘持ち(乃澤きょうこ作)

錆猫ギャラリー 東京羊毛猫本社 ミメット 熊木早苗

上段左:茶とらと三毛猫(濱屋呼猫作)

上段右:シルクハットのロシアンブルー(ルーファス作)

下段:メインクーン(にゃま恭子)

 

錆猫

棚の上から見下ろすノルウェージャン(にゃま恭子)

左から黒猫ロッカー、麗しの踊り子猫、椅子に座って本を読む猫(乃澤きょうこ作)

ブルーのドレス猫と椅子に座るFOX:(彷徨羽猫)

  

錆猫ギャラリー 東京羊毛猫本社 ミメット 熊木早苗 

上から2段目左:はちわれメンちゃんと金の丸額入り黒猫(ミメットこと熊木作)

階段登りの黒猫(彷徨羽猫) ロシアンブルー(ルーファス作)

3段目:アメショの親子、足上げ猫(濱屋呼猫作) 茶白猫(彷徨羽猫)

4段目:額入り腹出し猫、アメショ(にゃま恭子作) ハロウィンカボチャに乗る黒猫(彷徨羽猫作)

 

錆猫ギャラリー 東京羊毛猫本社 ちゃちゃきなな

クールビズで猫も毛皮を脱ぐ時代:ちゃちゃきなな作

錆猫ギャラリー 東京羊毛猫本社 ちゃちゃきなな ユザワヤ佳作作品

「猫冷えてます」ユザワヤ作品展で佳作:ちゃちゃきなな作

 まだたくさんの作品がありますが本当に7人の作家の皆さん力作揃いで、見飽きない展示会となってます。

私自身も良い励みと共に頑張って作品を作ろうと思った今回の展示会です。

 

羊毛作品販売

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.totora.jp.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/47