ホーム>ととら日記>2017年7月

2017年7月

No48 デジカメの チョットした話 -新電池ー

新しい電池の 開発が進み

近いうちに 市場に出回るようだ

今までの リチューム電池と 何が違うのか

1、使用時間が 長時間

2、発火の危険性 ゼロ

3、地球に無尽蔵にある マグネシウムを使う

4、ゆえに、高価なリチュームと違い 安価

5、リサイクルで 劣化もない

6、スマホ デジカメ 車 ~家庭電源もまかなえる

まさに夢の電池 もうすぐ出てくる

さすが日本の技術は 世界一!

No47 デジカメの チョットした話 -この夏ー

201772411548.jpg

暑い 暑い とにかく暑い!

毎年 暑くなってるのでは

直射日光が 痛いと感じるぐらい

子供のころと 最近の夏は違う

夏の風景 夏の情景 夏の情緒なるものが

暑さだけの 話になっている

夏の思い出の歌なんて 作れるのかな

夏の物語なんて 作れるのかな・・・

 

No46 デジカメの チョットした話 -幸せー

201771817934.JPG

仕事以外で ととら撮影を始めた

マンガチックな形で 顔がない 

というコンセプト

知り合いはふざけた遊びだと・・・

気にせずに ととらを信じた

撮り続けてるうちに 少しづつ分かってくるものが

風景や情景というものは

日常のまわりにも あるんだと

こういう身近なものも 自分には大切な存在だと

つづく・・・

 

No46 デジカメの チョットした話 -ビールのCMー

TVのCMは 短い時間の映像だが 

バカ高い製作費と 放映料をかけている

今の時期は ビールのコマーシャルがジャカジャカ

酎ハイに飲まれてるとはいえ アルコールの王者だ

しかし 何十年とみていると もういいだろう その映像

何度も使いまわしてるかのような カット

新しい企画で 斬新なCM映像を 出して欲しい

そこで サントリーの金麦 檀れいのCM

演技が わざとらしいとの意見もあるが

個人的には 好きなシリーズだ

No45 デジカメの チョットした話 -ツィッターー

フェイスブック、インスタは 楽しくやっている

しかし ツィッターがよく分からない

これだけ世の中に 浸透してるのに

自分だけ なぜうまく使えないのか

相性が合わないのか 

たぶん基本的なところで 勘違いしてると思う

とにかく 頑張ってみよう

No44 デジカメの チョットした話 -夏ー

しかし 暑い

毎年おもう 以前の夏と違うんじゃない

少年のころ プール帰りに よく木陰だ涼んでいた

泳ぎ疲れただるい体に 涼しい風に吹かれてるのを

いまも 思いうかべることがある

夏って 夏休みって こんな感じだったよなと

それが いまはただ暑い

イメージとして創作するには あのころの夏が欲しい

 

No43 デジカメの チョットした話 -スマホー

インスタの写真を たくさん見るようになった

ほとんどがスマホで撮って アップしているのではないかな

スマホのカメラは 写真も動画も 驚くほど良く写る

技術の進歩には 目を見張るほど

一眼で撮ってる人の 作品もあるが

センスがあれば スマホで簡単に 負かせる

こういう人が 光を知り カメラの技術を身につけたら

日本の写真の文化は いい方向に発展していくのでは・・・

 

No42 デジカメの チョットした話 -選挙ポスター-

たまに選挙ポスターの仕事が入る

男性と女性の撮り方は 違う

男性はライティングで 陰影を出して堀を深くする

女性は逆に 陰影を消してしわを見えなくする

そして 眼力を強くするために 瞳にライトを映り込ませる

あとは ローアングルでせめて 威厳を出すとか・・・ いろいろ工夫するのだが

素人の選挙参謀が口をはさむと 免許書のような顔になる

写真を見る目がある人が 参謀でないと こちらも疲れるだけ・・・

 

No42 デジカメの チョットした話 -選挙ポスター-

たまに選挙ポスターの仕事が入る

男性と女性の撮り方は 違う

男性はライティングで 陰影を出して堀を深くする

女性は逆に 陰影を消してしわを見えなくする

そして 眼力を強くするために 瞳にライトを映り込ませる

あとは ローアングルでせめて 威厳を出すとか・・・ いろいろ工夫するのだが

素人の選挙参謀が口をはさむと 免許書のような顔になる

写真を見る目がある人が 参謀でないと こちらも疲れるだけ・・・