ホーム>ととら日記>ととら ブログ

ととら ブログ

No88 デジカメの チョットした話 ーととらって?2-

20187120536.JPG

ととらは 夢に出てきた 作りモノの猫です

不思議な猫だったので 妻に作ってもらいました

ぬいぐるみを持って 撮影するとは

この自分の風体から見て 友人知人が 変に思ってたことだろう

恥ずかしさはあったが でも不思議と 楽しかった

そのうちととらに たましいが宿った

「ここ掘れワンワン」というように ととらに導かれた

ととらって 何者なんだと考えるようになったけど

とりあえず 撮り続けることの集中しました

 

 

No87 デジカメの チョットした話 ーととらって?-

201862012233.JPG

ととらの撮影をして 十五年くらいになります

ととらは 入院中に 夢に出てきたネコです

作りモノとわかるネコで 自由にベットの周りをはねてました

退院後 ととらを 奥さんに作って もらいました

一緒に 撮影しながら 日常の幸せの 機微

そう 機微なんです 機微ってなにか?

おもむきとか 見過ごしてしまう 大切なもの

そのことに 風景をとおして ビビーンと来たのです

たぶん みなさんも そういう経験があると 思います

 

No86 デジカメの チョットした話 -京都3-

20186171433.JPG

さすがに京都は 観光客が多い

日本人より 外国人の方が多いかも

大きな荷物を背負っての バスの乗り込みは

市民にとっては 苦痛とのこと

そして 多々ある寺院に入るたびごとに 拝観料を払う

結構な売り上げ それが 税金として払われない

いつまでたっても 京都市は赤字貧乏

これでいいのかね 古都の市民よ・・・

 

 

No85 デジカメの チョットした話 -京都2-

20186110655.JPG

京都駅の出口は 烏丸口と八条口に分かれる

多くの寺院があり 北側の烏丸口は出入りが多い

何度も利用していながら 恥ずかしい話だが

カラスマルグチではなく カラスマクチと読むことを知る

地名は難しいが ローマ字表記を見て 唖然とした・・・

(大原 寂光院) 

 

No84 デジカメの チョットした話 -京都-

20186723336.JPG

梅雨に入る前に 京都に行ってきました

目的地は 大原だけを本命に 二日間通うつもりで

やはり良かった 京都は郊外に限る

新緑の山 清流の川 新鮮な空気

修行僧のように 歩いた

夢中になって 撮った

 

No83 デジカメの チョットした話 

2018522222615.JPG

ととらの情景写真が アート作品として 

「Discover  The One Japanese Art 2018 in London」の招待を受け

ロンドンの Menier Gallery に 出品することになりましたというか 出品中です(5月21~25日)

お知らせが 遅くなりました

もう間に合わないな

 

No82 デジカメの チョットした話 -時代3-

201853221811.JPG

時代は変化している

封建社会から 民主主義に変わり その中で 様々なバージョンアップがされてきた

例えて言うと 選挙権である 男性の25歳の一部の人から→男性全般→女性とまで けっこうここまで時間がかかった

今 セクハラ パワハラで 右往左往しているのが 日本社会だ

困ったもんだが 道徳の変化は 教育とかで変えていかないと

でも 当たり前という人と なんでなんで?というひとがいる

世界はどうだったのと考えると 日本は遅れている

理想社会というのは いったいどういうものなのか?

それは 絵画 小説・・・は 芸術として問いてきた 

それを 写真の世界でも 問いていかなければと

 

No81 デジカメの チョットした話 -時代2-

2018422142433.jpg

カメラ 写真好きの人口が増えた

デジカメ パソコン スマホのおかげ

今までプロの技でしか 撮れないものが

加工も含めて 表現が可能になった

プロは青ざめ アマチュアは修行せずにカメラマンに

かくて 技術から表現が重要視され みんなの目がアートになってきた

いいことなのだ 写真の芸術性が 上がってくる

さらに カメラマンの質が高くなければ 生きられない

 

No80 デジカメの チョットした話 -時代-

201848223719.jpg

時は過ぎ 時代は変わり 社会は進化する

ビジュアルは 絵画に始まり 写真が生まれ 映画になり テレビ ビデオ パソコン ユーチューブ インスタ・・・

そういう土壌から 若い芽が生まれ 育っていく

今の若い人たちも 才能は触発されていく

表現も ジャーナリスト 芸術 記録 コマーシャル 学術

それらの中で 内省的に思考も戻ったり進んだり 新思想が生まれたり・・・ 

若い頃は こんなこと考えなかったけど

これからも この世界は 面白いと思っている

 

No79 デジカメの チョットした話 -アート-

20183262025.jpg

芸術って何?

人をときめかせる ものなのかな

描かれたものが 気を発するとか

ドッキューンと 心を射抜かれる

そこから 何だろう このパワーとは?

最初は 衝撃から始まる

ああ~ 今宵は酔っている ゴメン・・・